ベルゼン・アーカイブ

アレクサンダー・ベルゼン博士の仏教講義録書庫

このページのテキスト・バージョンへ切り替える 主ナビゲーションへジャンプ

ホームページ > 仏教へのアプローチ > 偉大なる上師 > 二生にわたる精神面での教師との関係

二生にわたる精神面での教師との関係

アレクサンダー・ベルゼン、2002年2月

精神面での(スピリチュアルな)教師との深い関係は、人生において最上の励みとなり最も大切な絆になれます。逆に、自己欺瞞、苦痛、精神的な絶望感の原因にもなる可能性もあります。それはひとえに、その関わりが健全なものとなるよう関係を築いていこうと積極的に努力することにかかっています。そして健全な関係は、自分自身と教師の資質について、絆の目的について、そして関係の中でのお互いの影響力の度合いと、二人の間の境界について現実的な姿勢をとることにかかっています。

私は2冊の本 – 『精神面での教師との関わり方;健全な関係の構築(仮訳)』スノー・ライオン出版(2000年)と『賢い教師、賢明な生徒;チベット的な健全な関係の築き方(仮訳)』スノー・ライオン出版(2010年) – を書きました。それらの本を書いた理由は、私自身の主な教師であるツェンシャブ・セルコン・リンポチェ、ダライ・ラマ法王、そしてゲシェー・ガワン・ダルゲーとの関係から受けた恩恵が実に大きなものであったためです。もうひとつの理由は、国際説法ツアーで出会った、誠実なスピリチュアル(心を育成する精神的)な探求者の多くが、教師との関係において残念ながら最善とは言いがたい体験をしていたということもあります。大勢の人が自分自身のことを、性的にも、金銭的にも、権力的にも、虐待を被った、何の過失もない犠牲者だと考えていました。虐待的な教師にのみ落ち度があるとして、彼らは全ての精神面での導師(上師)から距離を置き、時には精神的(スピリチュアル)な道そのものからも遠のいていきました。その一方で、他の人々は教師との関係が不健全であるにもかかわらず、それを否定して、自らの行動は適切な「上師(グル)への献身」なのだと正当化しました。しかも、世間一般の常識から見てどれだけの被害に見えようとも、彼らは教師の全ての行動を神聖化するまでに至っていたのです。このような両極端な見解では、生徒は健全な関係から得られるはずの恩恵を充分に受けることができません。

生徒が西洋人で教師がチベット人の場合、問題の原因の一つは文化的な誤解なのですが、相手は自分の文化基準で行動するだろうとの非現実的な期待を抱くことでさらにそれを悪化させます。さらなる誤った見方の原因は、教師と生徒の関係についての標準的な表現を原文の文脈からはずれて受け入れ、文字通りに解釈したり、多くの場合が誤解を招きやすい翻訳によって、仏教用語の意味を誤解したりすることです。

例えば『菩提道次第(lam-rim、ラムリム)』の本文では、教師と生徒の関係を「菩提道の根」ととらえ、最初の主要な項目として論じています。しかし、比喩のポイントは、木が根から生えたということではないのです。木は種子から芽を出し、その生命を維持する養分を根から得ます。ツォンカパ大師は教師と生徒の関係を「菩提道の種子」ではなく、「菩提道の根」と呼んでいます。結局、『ラムリム』に初めて耳を傾けた人々は、仏道における初級者ではありませんでした。その聴衆はタントラ(密教)の灌頂を受けるために集まった僧侶や尼僧たちで、準備として顕教の教えの復習が必要だったのです。そのように、すでに前行から仏教徒の道に真剣に取り組む決意をした人々にとって、教師との健全な関係が、完全なる悟りの道へと至るまでの道のりを歩み続けるためのインスピレーション(加持)を得る基盤(根)なのです。その意図したことは、西洋のダルマ・センターへ来たばかりの人が、センターの教師達を仏陀と見なすことから始める必要があるということでは決してありません。

私自身の場合、精神面での教師との最も深い関係は、教師の二生にわたるものです。今は亡きツェンシャブ・セルコン・リンポチェは、ダライ・ラマ十四世法王の問答担当講師であり個人教師補佐でした。私はその弟子として、通訳として、英語秘書として、そして海外講演ツアーのマネージャーとして九年を過ごしました。リンポチェは1983年に逝去され、九ヶ月後ちょうどに転生し、四歳の時に認定を受けダラムサラに戻られました。その数ヶ月後に会った瞬間、リンポチェと私は互いに深い絆を再確認しました。お付きの者があの人物が誰かわかるかと尋ねると、幼いトゥルク(転生したラマ)はこう答えたのです。「決まってるじゃないか。もちろん彼が誰だか知ってるよ」それ以来、リンポチェは私のことを彼の精神的な家族の身近な一員として扱ってくれています。四歳児が真似事でできることではありません。私の方もこの深い絆を疑ったことは一度もありません。

セルコン・リンポチェとアレックス 2001年

2001年の夏、南インドにあるリンポチェの僧院のガンデン・ジャンツェ寺で一ヶ月間を共に過ごしました。学者のランクに正式に入る証としての儀式で、十七歳のリンポチェは集まった大勢の僧侶の前で問答を行いました。その月の間、ゲシェー(チベット仏教哲学博士号)の訓練の中で学んだことについて教えを授けてくださり、私は、リンポチェが前生で別の西洋人の身近な弟子に授けたある経典の口伝と解釈を訳しました。再びリンポチェのために翻訳をしていることがどれほどすばらしいことかと伝えると、リンポチェは「もちろん。それが君のカルマ(業)だよ」とお答えになりました。私もまた、前生のリンポチェからいただいた数多くの仏法と世俗的な助言を、気張らずに今生のリンポチェに伝え返すということを続けました。

セルコン・リンポチェとの二生にわたる個人的な関係は、勉学や瞑想のみからは到底得ることのできない仏法と輪廻転生に関する確信を私に与えてくれました。この確信こそが、仏教の道に沿って歩み続けるための、真に継続し続けるインスピレーション(加持)の源です。リンポチェのそれぞれの転生において、私たちのどちらにもお互いの役目について誤解がないように心がけています。私たちは過去の自分たちと完全に同じでもなく、また完全に違うということでもなく、それぞれが連続体です。お互いに対して深い敬意を抱き合い、今と当時は互いに人生の違う段階にあるとの現実的な姿勢を土台として、各々がそれぞれから気楽に学び教え合うことが全く自然に思えるのです。

この体験を、スター・トレックのファンの一人として、私はオリジナル・シリーズとネクスト・ジェネレーション・シリーズの両方に乗組員の一人として自分が参加しているようなものだと思っています。当時はキャプテン・カークの下で、今はその転生者であるまだ若い乗組員として訓練中のキャプテン・ピカードの下で、私もまた乗組員となったわけです。私にとっての主な挑戦は、未来のエンタープライズの全ての乗組員のために仕えるカルマを今後も築きあげていくことです。