ベルゼン・アーカイブ

アレクサンダー・ベルゼン博士の仏教講義録書庫

このページのテキスト・バージョンへ切り替える 主ナビゲーションへジャンプ

ツェンシャブ・セルコン・リンポチェのポートレート

アレクサンダー・ベルゼン、1998年

パート2:リンポチェの人生と個性

ツェンシャブ・セルコン・リンポチェは大柄な人でしたが ー 頭を剃りあげ、深紅の僧衣を着て、その顔にはしわが深く刻み込まれていて ー 実際の年齢より遥かに老けて見えました。彼の謙虚さと、賢者の様な振る舞い、そして穏やかなユーモアのセンスは、おとぎ話の中の聖者のアーキタイプ(原型)のようでした。この特質は彼に会った西洋人の目に止まりました。例えば、人気映画スター・ウォーズの制作者達は、彼にダラムサラで会って、シリーズの精神的な導き役の長老ヨーダのモデルにしようと決めました。リンポチェがその映画を観る事はなかったのですが、その風刺を間違いなくおもしろがったはずです。なにはともあれ、リンポチェの最も傑出した特質は、彼のダライ・ラマ法王との関係にありました。

ダライ・ラマ法王はチベットの精神的かつ政治的な最高指導者です。その制度は輪廻転生を通して継承されます。先代のダライ・ラマが亡くなると、彼に最も身近に仕えた人々により、複雑な過程を経て、その転生者である幼い子供が特定され、発見されます。その後、新たに発見されたダライ・ラマは、最上級の資格を持つ教師達より最高の教育を受けます。その上師(精神面での教師、ラマ)には、主任家庭教師と副家庭教師が一人ずつ、そして七人の通常「家庭教師補佐」と訳される問答担当講師(ツェンシャブ)が含まれます。

チベット仏教は四大宗派に分類され、インドからそれぞれ異なる血脈を通して伝来しましたが、基盤の教えにおいて、宗派間での主な矛盾はみられません。ダライ・ラマ法王の九人の中心となる教師は、四宗派の中で最も大きいゲルク派の出身です。基礎の教育が完了すれば、彼は他の三宗派、ニンマ派,カギュー派、サキャ派の偉大な導師たちからも学びます。七人の問答担当講師(ツェンシャブ)は、チベットの首都ラサの近くにある七つの主要なゲルク派の僧院より一人ずつ選ばれました。彼らはその学びのレベルと、瞑想修業における達成度、そして何よりもその個性の素晴らしさを基盤に選ばれました。セルコン・リンポチェは、ゲルク派の創始者であるツォンカパ大師自身が創立した、ガンデン・チャンツェ寺出身の問答担当講師(ツェンシャブ)でした。1948年にこの役割を担当した時には、リンポチェは34歳で、ダライ・ラマ法王は13歳でした。1959年に法王がインドに亡命した時に、七人の問答担当講師(ツェンシャブ)の中で一緒に脱出できたのはリンポチェただ一人でした。

1983年8月に亡くなるまで、初期の頃はラサで、後半はダラムサラで、セルコン・リンポチェはダライ・ラマ法王に忠実に仕えました。彼の主な任務は、法王が受ける全てのレッスンに出席し、その後法王が正しく理解するのを確実にするために、彼と問答する事でした。実際、ダライ・ラマ法王は自分の受けるどのレッスンにもリンポチェが参加するよう要求しましたが、そうすることで、自分が受けている教育と訓練のすべてを、せめてもう一人のラマ(上師)と共有する事ができるからです。それ故、ダライ・ラマ法王と同様に、リンポチェも四大宗派全てにおける偉大な導師でもあったのです。彼の専門知識は仏教修業の二つの主要分野、すなわち顕教(sutra スートラ)と密教(tantra タントラ)の全範囲に及びました。顕教は基本的な教えを伝え、密教は自己変容のための最も甚深なる方法論を含みます。

さらに、伝統的な仏教芸術と仏教科学においても、リンポチェは非常に熟練していました。例えば、タントラの儀式に使用される二次元や三次元の象徴的な世界のシステムである曼荼羅(mandala マンダラ)や遺品を納めるさまざまなタイプの仏塔(stupa)の測定を行い、構築する専門家でした。さらに、彼は詩、作文、そしてチベット語文法の大家でもありました。そのため、リンポチェの教えのスタイルは、テクニカルな詳細を気にかける彼の心遣いと、優雅さと、感受性がうまくバランスを保っていました。

また、セルコン・リンポチェはチベットの占いのひとつのモ(mo)の達人でもありました。この方法では、止行の瞑想で一つの対象に心を集中させ、三個のさいころを数度投げ、その結果を解釈して難しい決断を下そうとしている人々に伝えます。さらに、リンポチェはチベットの暦法学も知っていましたが、それには諸惑星の位置を計算するための複雑な数学を習得しなくてはいけません。そのような秘伝の課題への彼のアプローチは、いつもプラグマティック(実用的)で地に着いたものでした。占いや暦法学に頼るのは、常識を持った判断と置き換えるためではなく、その補助としての目的のためでした。

その公的な地位の重要さと広大な学びにもかかわらず、リンポチェはいつでも謙虚な姿勢を保持しました。実際、リンポチェはダライ・ラマ法王の主要な教師の一人で – 特にタントラ(密教)のシステムの中で最上級の複雑さを持つ時輪(Kalachakra カーラチャクラ)に関する教えの教師でしたが – そして多くのタントラの灌頂を特別な教え子のダライ・ラマ法王に授けたのですが、彼自身は「家庭教師補佐」と呼ばれるのを嫌いました。リンポチェはチベット語のツェンシャブ(tsenzhab)を文字通り「問答従者」と訳す事を望んでいましたが、最終的に「問答担当講師」の訳で合意しました。

セルコン・リンポチェは、公式にも非公式にも両面において、ダライ・ラマ法王に仕えました。例えば、法王は世界の人々一般のため、そして特にチベット人のために特別な瞑想修業や儀式(puja プージャ)を頻繁に行いますが、ある時は個人的に、ある時は選ばれた僧侶と共に、そして他の時には大きな集会を前にして行います。ダライ・ラマ法王は、そのような行事にリンポチェが習慣的に参加する事を、また他の用件で自分が忙しすぎる時には、代理でリンポチェが儀式を行うか参加する事を要請しました。さらに、ダライ・ラマ法王が教えを説く時には、リンポチェはその右側に座り、法王がある言葉を探し求めているような時にはそれを伝えたり、法王の聞いてくるどのような質問や疑問にも答えたりしました。ダライ・ラマ法王に教えや血脈を直接伝授するのを他の人々が躊躇する際は、彼らはまずリンポチェに伝えました。その後に、今度はリンポチェがダライ・ラマ法王に伝授しました。

ダライ・ラマ法王は、セルコン・リンポチェのことを、法王が諸寺院や一般の人々に方針や政策を公表する際の助言者でもあり、チーフの中尉でもあると言いました。これはひとえにリンポチェが、宗教界でも、世間でも外交のマスターであったからです。彼はたびたび地域の争いを調停し、彼の知っている地方の作法などに関してダライ・ラマ法王事務所に助言を与えました。その温かなユーモアのセンスは彼の外交官としての手腕を大きく高めました。人々はリンポチェを訪ねては、冗談や面白い話などを頻繁に語りましたが、それはリンポチェがそのようなものを聞いて、とてもよく笑ったり、楽しんだりするからだけではありません、リンポチェは聞いた事を他の人々にもっとうまく語れるからだったのです。リンポチェが笑う時は彼の全身も揺れて、それが周りの皆に広まったのです。このような実用的な知恵と心温まるユーモアの組み合わせで、会う人の誰もがリンポチェを慕うようになるのでした。

セルコン・リンポチェは、中国の侵略のよって破壊されたチベットの寺院や尼僧院の多くを、インドで再建するために尽力をつくしました。彼は灌頂や教えを授けたりする事で、伝統の儀式を再開できるようにしたのです。チベットの公式な二守護神の神託官の寺院であるネチュン寺とガドン寺に関しては、特に力を注いで、生涯を通して親密な関係を保っていました。ダライ・ラマ法王にとって、リンポチェが主要な人間の助言者であったように、守護神の神託は法王にとっての伝統的な超自然界のコンサルタントです。お告げはトランス状態の神託官を通して行われます。高度な智慧の純粋な媒体となれるように、神託官が受けるスピリチュアル(心を育成する精神的)な訓練に、リンポチェは顧問として関わりました。

仏陀の教えを受けたり伝えたりするためには、セルコン・リンポチェはどのような困難をも避けずにいました。例えば、クヌ・ラマ・リンポチェからカーラチャクラについての伝授を授かるために、リンポチェはブッダガヤのひと夏の猛暑に耐えました。クヌ・ラマ・リンポチェは、ヒマラヤ山脈のインド側にあるチベット文化圏のキナール出身ですが、全てのチベット人が菩薩(bodhisattva)と認識する、現代社会に生きる偉大な導師でした。菩薩は完全に無私無欲で、他者の福益のために悟りを得ることに完全に身を捧げる人です。ブッダガヤは、仏陀が菩提樹の下で悟りを得た聖地ですが、インドの最貧層で酷暑の地域に位置しています。夏には気温が定期的に華氏で120度に、摂氏で50度近くにまで上がります。停電は多く、水は不足し、冷房もないため、そこにいる事がずいぶんな試練となります。クヌ・ラマ・リンポチェは、そのブッダガヤで、窓もなく、扇風機さえもない部屋で定期的に住んでいました。

セルコン・リンポチェは説法のためにインドやネパールをくまなく旅し,西ヨーロッパと北アメリカを二度訪れました。主要な諸センターも訪れましたが、リンポチェがいつも好んだのは、教えを説く教師もあまりなく、外部からも行きたがる教師も少ないような僻地にある小さな集落でした。例えば、インド/チベット国境のインド軍中のチベット人部隊の軍人達を教えるために、時にはヤクに乗り旅する事もありました。高地でテントで野宿するのですが、リンポチェは不快さをちっとも苦にしません

そのような遠隔の国境地域の中で、キナールの隣にあって、ヒマラヤ山脈のインド側に属する高地の盆地にあるスピティの村と、リンポチェは特に親密な関係を持っていましたが、そこで亡くなり、転生しました。この不毛な、ホコリだらけの区域は、一千年前はチベットの一部で、仏教ルネサンスの中心地でした。しかし、一千年前のルネサンス以前がそうであったように、近代では、スタンダードは落ちていました。僧侶は妻帯しないことと飲酒禁止の戒律を無視して、仏陀の実際の教えを学び、実践する者はほとんど皆無の状態でした。

その谷間の盆地を五度訪れながら、リンポチェは二度目のルネッサンスが実現することを望んでいました。そのために、スピティ最古の寺院、タボ・ゴンパに何度も奉納し、そこの僧侶達には灌頂を授けたり、伝統的な儀式のための口伝(口頭伝授)を行いました。彼は学識のある精神面での教師たちを招き入れ、地域の子供達のためには学校を創設しました。そして最後に、1983年の7月には、リンポチェはダライ・ラマ法王を招いて、カーラチャクラ灌頂をタボ寺で行いました。インドからチベットへ、1027年に紹介されたカーラチャクラの教えは、長期にわたる混乱の末に、仏教がチベットの土地で再び確立されるための大きなきっかけとなりました。リンポチェは、今回のカーラチャクラ灌頂も仏教の再建に仕えることを期待していました。

また、セルコン・リンポチェは教えの重要な後援者でもありました。例えば、スピティで受け取った供物は、何であれ、リンポチェは寺院に再寄付しました。この寛大な寄付のおかげで、タボ・ゴンパでは、地元の人々が集い、三日間、オム・マニ・ペメ・フム(om mani padme hum)を唱える祈願祭を、毎年行う事ができるようになりました。この真言(mantra マントラ)は、仏教の本尊(yidam イダム)の一つで、全てのチベット仏教徒にとって特に身近な、慈悲を体現した観自在菩薩と関連しています。このマントラを唱えることは、全ての生きとし生けるものに、私たちが親愛の情を向け続けることに役立ちます。

リンポチェは、最初の西洋での説法ツアーで受けた寄付金を、カーラチャクラ尊を描いた巨大な刺繍のタンカを依頼するために使いました。そして、ダライ・ラマ法王が、様々な土地にいって、この瞑想システムへの灌頂を授ける際に使えるように、法王にそのタンカを捧げました。また、リンポチェはこの資金で、ツォンカパ大師の生涯を描いたタンカの完全セットを依頼しましたが、そのタンカは、何年も前にその再建を手伝った、南インドのムンゴッドにあるリンポチェの出身寺のガンデン・チャンツェ寺院に奉納されました。二度目の西洋への説法ツアーで受けた寄付金は、1983年3月に行われた、インドにおいて初の完全なモンラム祭のために、ムンゴッドのデプン寺に集まった四千人以上の僧侶や尼僧への寛大な供物のために捧げられました。モンラム(Monlam)は伝統的にラサで行われている大祈願祭で、コミュニティのために、全ての寺院から僧侶や尼僧が一ヶ月間集うのです。

リンポチェは儀式と作法においての大家でもありましたが、気取ることはなく、形式張った事を嫌いました。例えば、彼が西洋に旅する時は、華やかな儀式用の道具やタンカを持っていきません。リンポチェが灌頂を行う時には、必要とする仏画はそこで自分で描き、ツァンパとバターを練って作られた彫刻のトルマ(torma)の替わりにクッキーやケーキを使い、儀式用の瓶の替わりに花瓶やミルク瓶を使いました。一月に二回行われるツォク(tsog)の儀式のために、普通は酒、肉、トルマ、果物やお菓子が供物として捧げられるのですが、旅行中で特別な準備ができていない時には、リンポチェは自分に与えられた食事を黙って供物として捧げていました。

さらに、リンポチェは仏陀の教えを、いつでも聴衆にあわせて伝えました。一度、ニューヨーク州ウッドストックの近くのマウント・トレムパー・禅センターに招待されました。そこの会員は智慧の本尊である文殊菩薩の許可灌頂(jenang)の儀式を依頼していました。禅の伝統の簡素さに従い、リンポチェは、高座ではなく床に座り、何の儀式用の道具も使わず、華やかな儀式も行わずに許可灌頂を授けました。

ツェンシャブ・セルコン・リンポチェのことを、本物のカダム派のゲシェーだと、ダライ・ラマ法王はよく述べていました。カダム派のゲシェーとは、11世紀から13世紀にかけての誠実で、実践を重んじ、その謙虚さで知られたチベット仏教の偉大な導師たちのことです。例えば、ある説法の中で、ダライ・ラマ法王はリンポチェのことに触れて、他の誰もが誇らしく座っている間、その必要が全然ないため、ただ一人慎ましく座っている人がここにいると述べました。一度、主な助言は何かと聞かれた時に、いつでも謙虚で、気取らず、温かい心を持ち、一人一人を真剣にとることだとリンポチェは答えました。

セルコン・リンポチェはまさにこの助言の通りにその人生を貫きました。一度、リンポチェはイタリアはミランの良家の所有する大きな部屋に泊まりました。この街に来た多くの高僧達もこの家に泊まりました。その家の祖母は、これらの全てのラマの中で、セルコン・リンポチェが一番好きだと言いました。他の高僧達は与えられた部屋で非常にフォーマルに座り、食事も一人だけでとりました。それと正反対に、セルコン・リンポチェは台所に朝早く下着のシャツとスカート状の僧衣のままやってきて、彼女が朝食を準備する間、キッチンテーブルで気取る事なくお茶を飲み、完全にリラックスして、笑顔で、数珠を使いながらマントラを唱えていたのです。

セルコン・リンポチェは他の人々にも見栄を張らない方がいいと教えました。フランスのラヴァーにあるナーランダ寺院の西洋人の僧侶達が、リンポチェを三日間の説法のために招きました。八世紀のインドの偉大な師であるシャーンティデーヴァの『入菩提行論』(Bodhicharyavatara)の中の、非常に難しい智慧に関する章の解説を要請したのです。空性について、非常に洗練された複雑なレベルでの説明から、リンポチェは説法を始めましたが、誰もついて行けません。そこで、リンポチェは説法を止め、皆が見栄を張り過ぎだと、僧侶達を叱りました。ツォンカパ大師が空性に関しての正しい見解を得るのに、あれほど苦労して、前行にあれほどの努力を惜しまないでいたのに、この全課題は簡単で、彼ら自身は三日間で理解できるなどと、どうやってそう考える事ができるのかと問いかけました。その後は、リンポチェは経典をもっと簡単なレベルで教え続けたので、僧侶達もついて行けるようになりました。.

西洋で彼を印象づけたのは、非常に多くの人々が仏教の教えに興味を持っている事だけだと、セルコン・リンポチェは一度言いました。そのため、仏法を説くようにと依頼してくる人が誰であれ、彼はその人たちの興味心を尊重しました。彼らが理解できるレベルで教えるのですが、同時に、本人達が思い描く自己容量を少し超えるところまで導きました。リンポチェはサーカスが好きでしたが、熊が自転車に乗れるように訓練できるのであれば、巧みな手段と忍耐力で、人間は何でも学ぶ事ができるとよく言っていました。

一度、仏教のことはあまり知らないヒッピーの格好をした西洋人が、ドラッグでぼうっとした状態で、ナーロパの「ナーロの六法」を教えてくれと聞いてきました。通常、この極めて高度な瞑想法に関して学び始めるのは、修行者が長い年月をかけて集中的に瞑想した後のみです。しかし、馬鹿げた傲慢な若者と相手にしないのではなく、若者の興味は素晴らしい事だと、セルコン・リンポチェは彼の要求に応じました。まず最初に準備が必要となるのでと、リンポチェは初歩的な修行法を教えました。人々が自己改善に興味を示せば、それを真剣に受け止めることで、リンポチェは、多くの西洋人にインスピレーションを与えました。彼らも自分自身のことを真剣に受けとめるようになるのです。このようにして、多くの人々にとって、スピリチュアル(心を育成する精神的)な道を歩み続けるための大きな励みとなりました。

会う人が誰であれ、それがローマ法王であれ、路上の酔っぱらいであれ、子供達であれ、セルコン・リンポチェは全ての人を平等心で迎え、平等に尊重しました。誰かを見下げる事もなく、誰かに気に入られようとするのでもなく、自分を印象づけようとするのでもないのです。一度、ニューヨーク州イサカにあるウィズダムズ・ゴールデン・ロッド・センターの会員が、子供達への話を依頼してきました。その子供達に対して、若くてオープンな心を持っている彼らをどれだけ尊敬していることかと、リンポチェは語りました。子供達は両親を超える可能性を持っているわけです。このようにして、子供達が自尊心を持てるようなインスピレーション(励み)を与えたのです。

セルコン・リンポチェは、自分が会う人々とのカルマ(業)の関係が分かる時がしばしばありましたが、自分自身ができること以上に見せかけるような事は決してしません。一度、ダラムサラで、スイス人の男性が近づいてきて、霊害で非常に困っていると相談してきたのですが、この問題について彼を手助けできるようなカルマの関係が自分にはないからと、リンポチェはそれができる他のラマを紹介しました。一方で、他の人々の場合には、リンポチェは最初の出会いで瞬時に認識できるようで、自分の従者にその人々の住所をもらうようにと指示しました。必然的に、深い関係へと進展しました。私もそのような好運な人々の一人でしたが、リンポチェは私の住所をもらう必要もなく、私自身が彼のもとへ戻ったのです。