ベルゼン・アーカイブ

アレクサンダー・ベルゼン博士の仏教講義録書庫

このページのテキスト・バージョンへ切り替える 主ナビゲーションへジャンプ

ツェンシャブ・セルコン・リンポチェのポートレート

アレクサンダー・ベルゼン、1998年

パート1:序論

1998年の4月、モンゴルと西洋における長期の講演ツアーと集中的な著作活動を後にして、私はインドのダラムサラの家へ帰りました。1969年以来、ダライ・ラマ法王の周りに集まるチベット人の居住区と共に学び、働きながら、私はヒマラヤ山脈の麓に住んでいました。今回は、ドイツのミュンヘンに荷物を送るために戻りました。より効率よく著作活動を行い、より定期的に仏教を教えるために、ミュンヘンに引っ越すのです。私はダライ・ラマ法王に自分の決心を報告し助言を求めようと思っていました。他者に意味のある貢献をするため、自分の時間を最も有効に使うために、どのようにして、どこで過ごすかは自分自身で判断するようにと、私の精神面での(スピリチュアルな)教師として、ダライ・ラマ法王は以前にも指示していました。自分の経験が最も信頼できるガイドとなるのです。

二十九年ほど前に、ダライ・ラマ法王に最初に会った時は、フルブライト・プログラムの研究者として、ハーバード大学大学院の極東言語とサンスクリット語並びにインド学学部への博士論文を書くためにインドへ来ていました。当時、チベット仏教は、エジプト学と同様に、学術的には過去の題材として教えられていました。しかし、私はそのようには受け入れることができず、仏教徒として生きて考えることが一体どういうものなのかを、何年も推測し続けていました。ダライ・ラマ法王にお会いした時に、この古代からの伝統(仏教)が今もなお生き続け、目前のその人が仏法を完璧に理解し、それを身をもって体現した偉大な導師(マスター)であるとの認識に私は圧倒されました。

数ヶ月後、正真正銘の教えを請い、修業する機会を与えて頂き、自分自身をダライ・ラマ法王に捧げました。彼に仕えたかったのです、そしてそれを成し遂げるには、私自身が限りなく努力しなくてはいけないことは分かっていました。法王は優しく受け入れてくれました。その内に、時々彼の通訳として仕えるという素晴らしい光栄にも恵まれ、彼が世界中の精神的(スピリチュアル)な指導者達や学術機関などと関係を築くことも手伝いました。

ダライ・ラマ法王は、私がヨーロッパに自分の拠点を移すとの決心を喜んで下さり、私の次の著書では何について書こうとしているのかをお聞きになりました。私は精神面での教師との関係について書きたいと伝えました。ダラムサラで開かれた「ダライ・ラマ法王と西洋人仏教徒の教師のネットワーク」の会議に、私も三度参加していたので、西洋人が直面するこの問題についてのダライ・ラマ法王の視点を熟知していました。ダライ・ラマ法王が今回新たに付け足した唯一のコメントは、問題の主要因は実際に資格のある教師が少ないことにあるということでした。

謁見の間を出ながら、私は自分自身をかえりみました。仏教を教える教師として、自分自身に資質はあるのだろうかと。私は長年にわたり、インド亡命中のチベット人の偉大な導師達の中でも最も傑出した人々と修業するという特別な機会を得てきました。その中にはダライ・ラマ法王だけでなく、法王の今は亡き三人の家庭教師、そしてチベット仏教の他の宗派の座主も含まれています。彼らに比べると、私には何の資格もありません。しかし、私の主な教師で、ダライ・ラマ法王の問答担当講師でもあったツェンシャブ・セルコン・リンポチェが、1983年に与えてくれた助言の一部を思い出しました。

リンポチェの通訳兼秘書として、私は二度目のワールド・ツアーに同行し、その際立ち寄ったべネズエラのカラカスから、帰ったばかりでした。私にとっては始めてのことでしたが、リンポチェに励まされ、カラカスで新たに創られた仏教徒のグループに教えを依頼され引き受けたのでした。リンポチェは休息のために、ニュージャージー州のゲシェー・ワンゲルの寺院で数日を過ごしていました。ロシア出身のカルムク・モンゴル・ゲシェーのゲシェー・ワンゲルは、1967年に、私が最初に会ったチベット仏教の偉大な導師でしたが、私自身は彼と深く学ぶことはありませんでした。

私の帰国後、セルコン・リンポチェは私がどのようにして教えてきたかを尋ねることはしませんでした。これは彼の普段のスタイルなので、私は驚きませんでした。ところが、その一週間後、ロンドンで、夕食後に台所のテーブルで座っていた時、リンポチェは、「この先将来、君がよく知られた教師となって、生徒達が君のことを仏陀だとみるようになった時、君自身は悟ってはいないことは十分に承知していても、君自身の教師達が仏陀であるとの信念が揺さぶられるようなことがあってはいけない」と言ったのです。これが彼が言ったことの全てですが、その後は二人とも沈黙を保っていました。私が彼の言葉の深い意味を理解するには、その後何年もの年月を要しました。

西洋では名の知られたチベット仏教の偉大な導師として知られるラマ・ゾパ・リンポチェが、正真正銘のラマに会いたければ、最上の例はツェンシャブ・セルコン・リンポチェだと言ったことがあります。ラマ・ゾパはチベット語の言葉「ラマ lama」を、よく使われるような緩い意味での単なる僧侶とか、三年間の集中的な瞑想を実践した後の儀式を行える人として使用したのでもありません。また、彼/彼女の輪廻転生を自在に指示できるという「転生したラマ」という意味で、リンポチェ「尊き宝のごとき者」の称号を取得した者という意味で使ったわけでもありません。彼の意味したことは、ラマという言葉の本来の意味の、完璧な資質を持つ精神面での(スピリチュアルな)教師ということです。ですから、そのような教師になるとはどういう意味なのか、そして生徒としてそのような教師とどう関わっていくのかということを説明しはじめるのに、セルコン・リンポチェがどのような人であったのか、そして私自身がどのように彼に接してきたかを語ることが助けになるかもしれません。リンポチェのポートレート(肖像)をイメージと記憶のコラージュを通して描いてみましょう。